2016年03月23日

定期抜血

どうも画像のアップが良く出来ない、スマホから。
これは何、イジメ?それ、カッコ悪いよ。
悔しいので文章だけでもやってやる。

先日、定期的に行ってる献血へ。
別に燃えてる訳ではないのでホントに気紛れ定期ですが。
血を抜いてくれるお姉さんが可愛くて血圧上がったり、ちょっとドキドキなんてしてないんだからね!

ま、そんな心境はどうでも良いのですが。

メインは献血に行った話でなく、ふっと立ち寄った前に住んでた街並みの話し。
びっくりする位変わってた。
いや、びっっくりした。

南口から北口に行くのに階段昇って、階段降りて…を、しなくて良くなってたり。
当時お世話になっていたバイト先がなくなってたり。
次から次へと新しいビルが作られてたり。
此処はホントに俺が知っていた街なのか?と言う位に変わってた。
勿論、街も国も大いに発展させて欲しいし、利便性が増せばそれだけ人も集まるのだろうし、移住した此方に何を遠慮は要らないと思うけど。
寂しく感じてしまうのも、個人が持ってる思想の自由な訳で。
こうしてドンドン新しい変化の波に飲まれてしまう。
踊らされるのは人なのか、環境なのか。
たまに知っていた土地をフラりと歩いてみるのも、何だか色んな事を思って大切なことなんだと認識。

…因みに、渋谷のセンター街も目まぐるしく変わっていたが、あまりの人の多さにちょくちょく行こうとは何故かおもわなかった。
良く行くけど、行くポイントが違うからなぁ、渋谷。
posted by 大山竜一 at 15:02| Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。