2015年12月30日

終始流転

もう先月のお話になるけども、
日比谷公会堂に足を運ぶ事があったのさ。

来年にはその長い歴史に幕を閉じる場所は何だか色んな人の物の時代の残り香みたいなものがあって。
勿論人が先ず居て物があり、それが時代を形作って行くのだけども。何だか色んな感慨があった。

新しい時代になって、新しい技術を取り入れ新しい場所を作っていく。…のは大事だけど、そこに到るまでには元あって、支え、築いて来ていたものがあったと言う事実を忘れちゃいけない様な気がした。

もうじき2015年が終わり2016年が始まるけど、
2015年がなければ2016年があるはずもなく。

古きを知り、新しい事に向かってこ。

20151213_203803.jpg

どうでもいいが、バンドの生演奏はベースを何故か凝視します。
posted by 大山竜一 at 09:00| Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする