2014年11月09日

命懸作

まだ、
そんな代表作はない。

が、
舞台にしても
映像にしても
それは毎回
心掛けてる。

身を削り、
心を磨り減らし、
一つのものを。

そう作る事が
使命だし、
心地いい。

自己満足に
ならないように。
これでいい
と、
思わず、
どうしていけるか
どうやりたいか
どう見えるか
常に模索し、
自分を疑う。


自分が見るもので
そんなシンパシーを
感じれる作品や人が好き。

きっと
表現者と
カテゴリされる方々は
皆、そう。


負けないぞ。

物創りは
共同作業で
真剣勝負。


次回、
飲むのは大人の仕事です。

仕事と言いつつ、
楽しみますが、
何か?
posted by 大山竜一 at 20:22| Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする